日焼け後の肌・黒ずみ・色素沈着を美白してくれるボディコスメを比較!

HOME » 白肌ボディをキープするために知っておきたいこと » 透明肌を保つための予防方法

透明肌を保つための予防方法

このページでは、日焼け・黒ずみ・色素沈着などの原因について解説し、効果的な予防方法をご紹介します。

体の色素沈着・黒ずみ・しみの原因は?

紫外線

体の色素沈着・黒ずみ・しみの原因はさまざまありますが、その代表ともいえるものが「紫外線」によるものです。紫外線を浴びすぎて生成されたメラニンが残ってしまい、これがしみを作ります。

また、加齢も絡んできます。子供の肌は、いくら紫外線を浴びてもしみはできづらく、日焼けの跡もすぐに消えますが、それはターンオーバーが正常だからです。

しかし加齢によってターンオーバーの周期が長くなってしまうと、メラニンが肌の奥に残ってしまうのです。紫外線を浴びないこと、また肌のターンオーバーをできるだけ正常に保つことが大切です。

ニキビ・虫さされ跡・下着の締め付け

ニキビは背中・うなじ・首筋などにできることがありますが、顔のニキビよりも色素沈着を起こしやすいのが特徴です。ニキビが治った後も、何年にもわたってしみが残ってしまう可能性があります。

体に刺激を与えるボディタオルを使用し、肌が傷つくことで色素沈着を起こす可能性も。これは摩擦黒皮症(ナイロンタオル色素沈着症)というもので、あかすりを使っている方はとくに注意が必要です。

カミソリ負け・ストレス・睡眠不足

ほかにも、色素沈着を引き起こす原因はたくさんあります。

ワキなどの色素沈着は、カミソリの刺激によって起こるといわれていますし、下着の締め付けが強いとビキニラインが黒ずみます。ストレスや睡眠不足もターンオーバーを乱し、しみを作る原因となるんです。

日頃のお手入れでしみを撃退!

しみを回復するのに効果的なのが、美白効果のあるジェルやクリームを使用することです。手軽にお手入れできるだけでなく、肌をツルツルに保つことができるため、かなりの人が取り入れている方法だといえるでしょう。

あかすりや刺激の強いナイロン製のボディタオルの使用を控え、優しい素材のタオルとたっぷりの泡で洗うようにするのも方法のひとつです。

より深刻な症状の場合は、皮膚科などでピーリングやレーザー治療を受けることができますが、何より大切なのは肌のターンオーバーを正常に保つことと、紫外線を浴びすぎないようにすることです。

また、しみ・日焼け跡が薄いうちに手を打つことも重要。肌の黒ずみを感じたら、できるだけ早くジェルなどでお手入れを始めましょう。

ただし、現状アトピーや湿疹ができている方は、症状や原因によっては美白コスメの成分によって症状が悪化する可能性もあります。このような状態の方は、まず治癒した後に、色素沈着にのみ使用するのがベターです。